MENU

髪に色を付けるメラニン色素が減少する理由は?

髪に色を付けるメラニン色素

 

黒ツヤソフト

 

髪はこのようなメカニズムで成り立っており、頭髪が生え揃っていくわけですが、そもそも髪の毛には色がついていないものです。生まれたての赤ちゃんの産毛が白いのは髪に色素を定着させるメラノサイトと呼ばれる色素細胞(しきそさいぼう)の働きが弱いからです。

 

このメラノサイトは髪の毛根部分に存在し、本来白いはずの髪に生成したメラニン色素を注ぎ込む働きをします。こうしてメラノサイトが作り出したメラニン色素を取り込むことで髪は色を付けるのです。

 

このメラノサイトの働きが悪いと髪に十分な色を付けることができず、白髪となって生えてくるのです。若い人の黒髪の理由は、元気で健康なメラノサイトの働きによるものが大きいのです。メラノサイトに異常が出ると色素が正常に生み出せず、白髪が増えてしまいます。

 

メラニン色素が減少する理由って何?

 

本来白髪である髪に色を付けるにはメラニン色素が必要なわけですが、このメラニン色素が減少することによって白髪が生えてきます。白髪対策にはメラニン色素を正常に生成するため、メラノサイトの健康状態の維持が必要です。

 

しかし、様々な理由でメラニン色素が減少してしまい白髪が発生することもあります。メラニン色素が減少してしまう理由にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

加齢による細胞の老化・肉体機能の低下

 

栄養を毛母細胞が受け取ることで髪は成長していきます、その成長の中でメラニン色素を毛母細胞が吸収することで色のついた髪が生えます。加齢による老化はこの細胞の機能を低下させ、細胞分裂の活性を弱めてしまいます。

 

また、肉体の老化による循環器系統の機能の低下は血液循環や栄養吸収にも影響が出始め、十分な栄養が髪に行き渡らないといった状態にも繋がります。老化による肉体機能の低下は自然の摂理なので、こればかりはどうしようもないのです。

 

 

髪の栄養不足

 

人間は正常な日常生活を送るためには十分なエネルギーとなる栄養が必要です。髪は爪などと同じ皮膚の一部であり、健康を維持するためには栄養が必要不可欠です。髪の毛はケラチンという硬質タンパク質で構成されており、ケラチンはさらに18種類のアミノ酸から合成されています。

 

健康で丈夫な髪を作るためにはこれらの栄養素が必要です。特に丈夫な髪を作るのには、シスチンとメラニン色素を作るための栄養素のチロシンと呼ばれるこれら2つのアミノ酸が必要不可欠なのです。

 

シスチンとチロシンどちらも健康な髪の色を保つためには必要で、特に髪に色を付けるためのチロシンが不足すると白髪になりやすいのです。

 

 

偏った栄養バランス

 

黒ツヤソフト

 

無理なダイエットや食事制限、偏った食事を続けていることでも白髪の原因となります。髪への栄養が不足するとメラニン色素を作るための栄養や毛母細胞の働きが低下することになります。食事をとっていても、必要な栄養が足りなければ結果的に白髪に繋がってしまいます。

 

体内の栄養素は行き渡る優先順位というものがあり、脳や臓器などに比べて髪や肌は優先順位が低いのです。そのため、栄養が不足すれば髪にいくはずの栄養は後回しにされ、継続的に栄養が不足すると髪や頭皮、メラノサイトの組織の老化が進んで行ってしまいます。

 

 

ストレスなどによる自律神経の乱れ

 

黒ツヤソフト

 

自律神経は体のあらゆる機能に信号を送る神経です。自律神経から信号を伝えられることで体の代謝機能や循環器系、ホルモンバランスが正常に機能されます。自律神経が乱れてしまうと体中の機能が低下してしまい、白髪の原因になりやすいのです。

 

仕事や人間関係のストレスは自律神経の乱れを起こし、体の巡りを悪くさせる原因になります。循環器系や代謝機能の低下髪や頭皮への血液や栄養の流れだけでなく、皮膚や細胞の治癒力を低下させてしまいます。髪の成長や修復機能の低下は白髪を促進させる元となるのです。

 

 

代謝機能の低下

 

代謝機能は体の循環、体内での必要な栄養の合成など体を健康に維持するために常に高めておく必要があります。代謝機能が高いと体の老廃物の排出もスムーズに行われ、新しい細胞がすぐに生まれだして新しい髪の生え変わりやメラニン色素の生成も正常に行われます。

 

この代謝機能は生活習慣の乱れや病気、薬による副作用などが原因で低下しやすいものです。代謝機能の低下は体の細胞の活性を妨げ、白髪になりやすく病気を引き起こす原因にもなります。特に睡眠不足や心身の疲労は代謝機能を低下させやすいのです。

 

 

髪や頭皮へのダメージ

 

黒ツヤソフト

 

紫外線を浴び続けることでも白髪の原因になります。日焼けで肌が黒くなるのは、メラニン色素が皮膚に浮き出て紫外線から体を守ろうとするメラノサイトの働きによるものです。紫外線は受け続けると肌の真皮に到達し、髪の栄養となるタンパク質などを破壊してしまいます。

 

また、髪染めやパーマ、刺激の強いシャンプーなどは頭皮を細胞を傷つけることにも繋がり、髪の細胞にダメージを与えることにもなります。

 

パーマは髪を作るシスチンを切断して再結合させるという化学反応で行う縮毛矯正です。パーマをあてる際に使われるパーマ液は髪のケラチンを破壊する作用もあり、パーマは髪へのダメージがとても大きいものです。

 

そしてブリーチは髪のメラニン色素を破壊して脱色する方法です。刺激の強い薬剤は髪と頭皮へのダメージも相当あり、脱色された髪は修復しにくく白髪になりやすいのです。

 

物理的なダメージで頭皮に傷をつけることも毛母細胞を傷つけやすいため、頭部への負担はそれだけでも白髪の原因になりやすいものなのです。

 

 

病気やケガによるもの

 

生活習慣病や難病などの病気は白髪になりやすい原因です。特に肝臓、腎臓、胃への変調は代謝機能や循環器系への影響も大きく、髪への影響を強く受けます。アミノ酸などの栄養、アルコール、薬物に対しての代謝反応の働きを持つ肝臓の影響は特に大きいとみられています。

 

またケガなどは体中の栄養が患部の修復に向けられ、その分の髪への栄養が減少されてしまいます。頭部のケガなどは特に細胞組織が破壊される可能性も高く、その影響で白髪になることもあります。これら病気やケガなどによる心的ストレスも白髪に少なからず影響していきます。

 

 

遺伝

 

長く一般的に白髪は遺伝によるものが大きいとされていましたが、現在の研究による報告では必ずしもそうだとは言いきれないようです。この理由には白髪のメカニズムが現在も完全には解明されていないことが挙げられています。

 

ただし、遺伝子的にメラノサイトが少ない家系というのも存在しないとも言い切れません。もしも遺伝が白髪に原因があるとするならば、「メラノサイトが少ない家系なのかも知れない」という推測がされています。

 

以上の理由が考えられます!

 

 

黒ツヤソフトメインへ