MENU

髪や頭皮環境に優しいシャンプーの仕方とは?

髪に優しい正しいシャンプーの仕方とは?

 

あなたも、今日から髪に優しいシャンプーの仕方を習慣化して、髪や頭皮を労ってあげて下さいね!

 

頭皮環境は、実は髪の毛が生えているので、お肌ケアよりもデリケートなんです!

 

黒ツヤソフト

 

それでは、シャンプーから、トリートメントまで順を追って一緒にみていきましょう♪

 

髪をブラッシングをする

 

まず、始めに髪の毛の長い人や、からまりやすい人は、目の粗いクシやブラシで毛先から軽くブラッシングをします。このブラッシングにはシャンプーの泡立ちを良くし、髪の毛の汚れを落としやすくする効果があります。

 

シャンプー前に、まずぬるま湯で予洗いを!温度にも注意してね♪

 

髪をブラッシングしたら、次は予洗いをします。予洗いは洗面器にお湯を溜め1~2分程度の時間をかけ髪についている表面の汚れを落とします。また、シャンプーの馴染みを良くする効果があります。

 

髪の毛だけではなく、指の腹で地肌も洗います。洗髪時、熱すぎるお湯は頭皮の乾燥をまねいたり、逆に皮脂の過剰分泌につながるので注意しましょう。38度前後の少しぬるいかな??と感じる位の温度がベストです。

 

手の平でシャンプーを泡立ててから頭皮につける

 

シャンプーを直接地肌に付けると、刺激が強すぎてかぶれや薄毛の原因になってしまうこともあります。
シャンプーは適量を一度手の平で軽く泡立てなじませてからシャンプーをします。髪の長さや量で調節をしてください。シャンプーの量が多すぎると、洗い残しの原因にもなるので気をつけましょうね!

 

髪全体を泡立て汚れを落とす

 

泡立てて洗う髪全体にシャンプーが行き渡るように泡立て、指の腹で頭皮を揉むように洗います。生え際から頭頂部に向かって、両手の指の腹で頭全体の地肌を洗いましょう。

 

しっかりと洗い流す

 

シャンプーの洗い残しがないように、念入りにしっかりすすぎましょう。シャンプーの成分が地肌に残っていると、かぶれたり、毛穴がつまり、抜け毛の原因にもなります。
目安は3分から5分程度、丁寧に行いましょう。

 

頭皮のマッサージをしながら丁寧に洗い流す

 

頭皮マッサージした、シャンプーを大体洗い流したら、シャワーを頭皮に当てたまま、サイド→生え際から頭部の中心→頭頂部の順に円を描くように優しくマッサージをしてみましょう。
マッサージを取り入れることで頭皮の血行が良くなり、毛穴に詰まった余分な皮脂などがキレイに洗い流されて、地肌が元気になります。また、頭皮の血行が活性化することで、白髪予防・抜け毛予防にも効果的です。
※ツメを立てたり、ブラシを使いゴシゴシ洗う等の行為は、地肌を傷つけるので避けましょう。

 

最後にコンディショナーをつける

 

シャンプー後、コンディショナーを適量手の平にとり、頭皮には刺激になるのでつけないように、髪の毛だけに付けます。特に毛先は念入りに!
そして数分間放置することで、馴染むので効果的です。
シャンプー同様、残らないように十分に洗い流してください。

 

朝シャンは髪にどうなの?

 

シャンプーは、朝よりも夜が望ましいのです。

 

肌も髪も就寝中に修復され新しい細胞に生まれ変わるのでの毛穴詰まりがあるまま寝ない方が頭皮環境&髪にも良いのです。
眠っている間は体温が下がる為、朝シャンは、毛穴まわりについた皮脂が固まって落としにくくなるというデメリットもあります。

 

また、慌ただしい朝にシャンプーするとヘアドライが中途半端なままになりがちで、頭皮のムレやニオイを招く原因にもなります。

 

黒ツヤソフト

 

【黒ツヤソフト】10年のロングセラー大ヒット!419週連続ランクイン!

 

⇒黒ツヤソフト公式サイトはコチラ選ばれてNo.1

 

 

黒ツヤソフトメインへ